二宮和也さんが三谷幸喜さん脚本のドラマ「オリエント急行殺人事件」出演決定!ネタバレあり・・・


6「嵐」の二宮和也さんが三谷幸喜さん脚本作品のドラマ「オリエント急行殺人事件」に出演することが決定しましたね!

気になる役柄、二宮和也さんの意気込み、松本潤さんが三谷幸喜さん作品出演に選ばれなかった理由とは・・・?

2015年新春に2夜連続で放送されるフジテレビ開局55周年特別企画のドラマ「オリエント急行殺人事件」に、嵐の二宮和也さんが出演されるようですね!!!

2014年9月14日に都内で発表会見があったようです・・・!

二宮和也さんと三谷幸喜さんのコラボ作品って実は初めてらしいんですよ!!!

二宮和也さんは嵐の中でもかなり芝居に力を入れているイメージが私の中では強いです。どんな作品になるか、気になりますよね~!!!

原作「オリエント急行殺人事件」ってどんな話?

原作は、真冬の欧州を走る超豪華列車「オリエント急行」の中で、一人の乗客が何者かに殺害される話のようです。

犯人は、列車に乗り合わせた、国籍も身分も違う乗客の中にいるはずではないかと、偶然乗り合わせたポアロが捜査に乗り出すというストーリーです。

私、原作を読んだことはないのですが、Wikipedia(http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%AA%E3%83%AA%E3%82%A8%E3%83%B3%E3%83%88%E6%80%A5%E8%A1%8C%E3%81%AE%E6%AE%BA%E4%BA%BA)によるとアガサ・クリスティーさんの作品の中で「奇抜な結末から彼女の代表作の1つに挙げられている」そうです・・・!

原作と、今作品の設定の違いは・・・?

ドラマは、アガサ・クリスティーさんの原作をもとに人気脚本家・三谷幸喜さんが脚本アレンジを加えた作品のようです。

例えば、舞台は英国ではなく、昭和初期の日本が設定のようですし、豪華寝台列車は日本の「特急東洋」で起きるという設定のようです。

三谷幸喜さんの特別演出は・・・?

三谷幸喜さんと言えば、過去にフジテレビ系のドラマ『古畑任三郎』(1994年・96年・99年)シリーズでヒットを収めていらっしゃいますよね!

かなり、面白かったですよね。

最初に犯人が分かるという演出は、アメリカのサスペンステレビ映画「刑事コロンボ」と似通っている部分もあり(ご存知でない方は申し訳ないです・・・!ちょっと古かったかもしれません・・・。)、非常に面白かったです!

今回の作品は、三谷幸喜さんにとっても、初である、「原作物の映像化」のようです!

三谷幸喜さんのコメントによると「第1夜は、可能な限り原作に忠実に脚色。そして第2夜では、今度は事件を犯人側の視点から描くという、ほぼ、僕のオリジナル台本になっております」

オリジナル楽しみですよね~~~~!

三谷幸喜さん脚本の「オリエント急行殺人事件」のあらすじは・・・?

【以下フジテレビHPから引用:http://www.fujitv.co.jp/fujitv/news/pub_2014/140917-372.html】

昭和8年2月。下関港に一人の小柄な男がいた。勝呂武尊(野村萬斎)。前年に日本全国を震かんさせた「いろは殺人事件」を解決し、一躍有名人となった名探偵である。小倉の軍事施設で起きた殺人事件を解決した勝呂は、これから下関駅に向かい、特別急行東洋に乗ろうとしていた。特急東洋は、下関と東京を結ぶ日本初の寝台付き列車。皇室関係者や政府の高官も利用する最新鋭の超豪華列車。

ところが2月だというのに、特急東洋の寝台は満席。たまたま下関で再会した鉄道省の役人・莫(高橋克実)の計らいにより、勝呂は無理やり一等寝室を確保してもらう。

朝、下関を出発する特急東洋。東京に着くのは翌日の朝である。食堂車で勝呂は、実業家・藤堂から身辺警護を頼まれる。だが彼の横柄な態度に勝呂は申し出を拒絶した。

翌朝、岐阜の山中で、大雪のために列車は身動きが取れなくなっていた。その中で、藤堂が客室内で他殺体となって発見される。莫は、勝呂に協力を依頼。状況証拠から、犯人は一等車の乗客の中にいると判断した勝呂は、線路が復旧するまでに事件を解決してみせると約束する。

勝呂の緻密な現場検証によって、藤堂の正体が判明する。彼は、5年前に日本を震かんさせた「剛力陸軍大佐幼児誘拐事件」の容疑者笠健こと笠原健三であった。その事件は、剛力大佐の7歳になる娘が誘拐され、身代金要求の脅迫状が届いたが、大佐は毅然とした態度で拒否、その結果、娘は死体で発見され、母親はそのショックで流産の末に死亡、世間からバッシングを受けた大佐は自殺するという傷ましいものであった。笠健は、その第1容疑者として逮捕されるが、証拠不十分で不起訴。誰の目から見ても笠健が真犯人であることは明白であったが、法律で彼を裁くことはできず、彼は逃げ延びたのだ。

勝呂は、犯人の動機は「復讐」であると推理する。乗客の中に剛力大佐と関係の深い人間がいるに違いないと踏んだ勝呂は、莫と医師の須田(笹野高史)を助手代わりにし、車掌の三木(西田敏行)を使って、寝台車の乗客12人を1人ずつ尋問していく。

その12人とは、身分も職業も全く違う人々。被害者の秘書・幕内(二宮和也)、執事・益田(小林隆)、おしゃべりなマダム・羽鳥夫人(富司純子)、教会で働く呉田(八木亜希子)、轟侯爵夫人(草笛光子)、外交官の安藤伯爵(玉木宏)、安藤伯爵夫人(杏)、能登陸軍大佐(沢村一樹)、万年筆の販売員・羽佐間(池松壮亮)、博多の輸入自動車のセールスマン・保土田(藤本隆宏)、家庭教師の馬場(松嶋菜々子)、轟侯爵夫人のメード・昼出川(青木さやか)。この中に犯人は必ずいる。警察の助けは一切ない。科学捜査もなかった時代。勝呂は、容疑者たちの証言だけを頼りに、次第に真相へと近づいて行く。

長い尋問が終わるころ、灰色の脳細胞を駆使し、名探偵・勝呂は、ある解答にたどり着く。それは、誰もが想像し得なかった驚くべき結論。

そして、第2夜は、三谷幸喜のオリジナル。犯人の視点で再び事件を振り返り、犯行に至るまでの経緯を丹念に描く。それは綿密な犯罪計画に裏打ちされた、驚異の復讐の物語だった。

【以上フジテレビHPから引用:http://www.fujitv.co.jp/fujitv/news/pub_2014/140917-372.html】

主演は・・・?

主演は野村萬斎さんです!

狂言家の超有名人ですよね。

私事ですが、野村萬斎さんとは都内のある場所ですれ違ったことがあります。おそらく野村萬斎さんはご自宅近くで散歩されていらっしゃったようなんですが、背筋がピンと伸びていて、雅な雰囲気が漂っていらっしゃいました

そんな野村萬斎さんは名探偵・勝呂武尊役を演じられるようです。

2011年に、野村萬斎さんは三谷幸喜さん作・演出の舞台『ベッジ・パードン』で初コンビを組んでいらっしゃったようで、野村萬斎さん曰く「分厚い台本に度肝を抜かれましたが、今からわくわくしています」とのこと。

三谷幸喜さんも「彼をおいて和製ポアロを演じられる人はいない。狂言で鍛えた身のこなしで、頭脳明晰(めいせき)、おしゃれできざな『ポアロ』を演じてくれるはず」と期待されていらっしゃったみたいです!楽しみですよね~!

他の出演者は・・・?

出演はほかに、松嶋菜々子さん、杏さん、玉木宏さん、沢村一樹さん、藤本隆宏さん、高橋克実さん、笹野高史さん、西田敏行さんらという超豪華メンバーですよね。

本当、皆さん主役級のメンバーですよね。

気になる二宮和也さんの役柄は・・・?

三谷幸喜さん作品で初出演となる二宮和也さんは、

被害者の秘書・幕内平太役を演じるようです!
どのような役柄になるのでしょうか?

二宮和也さんと三谷幸喜さんのコメントを見て行きましょう!

松本潤さんがオーディションに落選!?

二宮和也さんのコメントによると・・・

「三谷さんの作品は初めてなのですが、驚きました! 松本(潤)が三谷さんの作品にご一緒させていただいていたり、僕もバラエティで何度か三谷さんとは共演させていただいていたのですが、こういうお芝居でというのはなく、“見ている側の人間”と思っていたので、お声がけしていただいてすごくビックリしました

おっしゃっていました!なんとも謙虚な意見ですよね~。

この二宮和也さんのコメントを聞いた三谷幸喜さんからは、

「本当は“初めて”では無く、実は嵐の番組で、ちょっとしたお芝居を作ってその場で演じてもらったことがあって、それが凄く良くて、あれはある意味オーディションだったんで、松潤はあれで落ちました

と、松本潤さんを皮肉ったコメントをおっしゃっており、発表開場が笑いに包まれたようです。

また、三谷幸喜さんから見た二宮和也さんのイメージは「屈折している感じがある。あやしい感じを期待している」らしく、ドラマではいつもにまして「あやしい」二宮和也が観られるかもしれませんね!!!

二宮和也さんの嵐への想いが分かるコメント

「掛け合いとか、こんな凄い方々とやらせていただくのは、大変光栄だなと思っております」

「3日、4日後に、南の国(ハワイ公演)に行きますが、焼けないようにしなきゃなと思っております。我々(嵐)も15周年を迎えるにあたって活動しながら、個人でこういった素晴らしい作品に呼んでいただけるのはありがたいことだなと思っておりますので、一所懸命に頑張りたいと思います」と意気込みを語ったようです!

二宮和也さんは、松本潤さんの話を出して配慮されていたり、ちゃっかり「我々(嵐)も15周年を迎える」と嵐が15周年を迎えることをアピールしたり等、常に嵐の発展とご自分の活躍のバランスを考えていらっしゃるんだな~と思いました。

嵐のメンバーが仲が良いと言われている理由がなんとなく分かりました!


One Response to “二宮和也さんが三谷幸喜さん脚本のドラマ「オリエント急行殺人事件」出演決定!ネタバレあり・・・”

  1. […] ※ 二宮和也さんが三谷幸喜さん脚本のドラマ「オリエント急行殺人事件」出演決定!ネタバレあり・・・ […]

コメントを残す

サブコンテンツ

プロフィール

SAMURAI PORTALを運営する中で、経済・観光・グルメ・エンタメ等の様々な情報をお届けできたらと思っています。

2017年10月
« 5月    
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031  

このページの先頭へ