谷桃子バレエ団の団員 三木雄馬のマツコの知らない世界出演がヤバすぎる。


戦後バレエブームを巻き起こすなど、日本バレエ界を牽引してきたバレエダンサーの谷桃子さん。
以前、谷桃子さんが総監督を務める谷桃子バレエ団の団員でプリンシパルのひとり三木雄馬さんが「マツコの知らない世界」に出演。
話題となっていましたので、ご紹介します。

谷桃子バレエ団 谷桃子は日本バレエ界の第一人者

谷桃子バレエ団は、昭和24年、東京都内にバレリーナ谷桃子さんが設立したバレエ団。

谷桃子さんは、戦後バレエブームを巻き起こすなど、日本バレエ界の発展を担った第一人者。

兵庫県姫路市出身。
モダンダンサーとして日劇などで活動し、終戦後に舞踊家の小牧正英に入門、クラシックバレエへと転向したそうです。

愛くるしい容姿と叙情あふれる演技は踊り手の理想とされ、バレエブームを巻き起こしました。

昭和24年、谷桃子バレエ団を設立。
昭和30年に「白鳥の湖」を成功させ、バレリーナの代名詞的存在になりました。
その後、昭和49年の「ジゼル」公演を最後に引退するまで多くの観客を魅了しつづけました。

その後は後進の指導にあたり、現在は谷桃子バレエ団の総監督をつとめていました。

まさに、日本バレエ界をリードしたバレリーナの代名詞的存在でした。

谷桃子バレエ団プリンシパル 三木雄馬が「マツコの知らない世界」に出演。

プリンシパルとはバレエ団のトップの階級にいるダンサーのことです。
人気バレエダンサー三木雄馬さんは、谷桃子バレエ団プリンシパルのひとりです。

以前、「マツコの知らない世界」に出演。
バレエダンサーの世界!について紹介しました。

番組中、三木雄馬さんが踊る場面も。
また、三木雄馬さんが選んだ男性ダンサーベスト3を紹介していました。

ベスト3は、ファルフ・ルジマトフ、マニュエル・ルグリ、そしてホセ・カレーニョでした。

また、一番共演したい女性ダンサーには、ディアナ・ヴィシニョーワがあげられていました。

番組では、「マリインスキー・バレエ・イン・パリ ザハーロワ、ヴィシニョーワ、ルジマートフ」のDVDからシェヘラザード、そして東京バレエ団「ジゼル」(ヴィシニョーワ、マラーホフ出演)が放送されました。

この番組をきっかけにバレエに興味を持った方もいるようです。
これからも、日本バレエ界の発展を祈っています。


コメントを残す

サブコンテンツ

プロフィール

SAMURAI PORTALを運営する中で、経済・観光・グルメ・エンタメ等の様々な情報をお届けできたらと思っています。

2017年9月
« 5月    
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930  

このページの先頭へ