生ゴミ先生の旦那は神崎将臣。漫画家でインクアンク所属という噂がヤバすぎる。


東スポから「スクープ!能年玲奈“洗脳”騒動」という情報が出ました。
能年玲奈さんが今年1月、所属事務所に無断で自身が代表を務める個人事務所を設立。
個人事務所設立の黒幕は能年玲奈さんが「生ゴミ先生」と慕う滝沢充子さんと言われています。
生ゴミ先生の旦那は漫画家の神崎将臣さんで本名は米村正志という話。
漫画家で会社経営をしていてかなりヤバイという噂です。
真相をたしかめたいと思います。

能年玲奈さん「株式会社 三毛&カリントウ」独立騒動の現状

今回の事の発端は、能年玲奈さんからの供花。
能年玲奈さんをブレイク前に演技指導してた「生ゴミ先生」こと滝沢充子さんの親族の葬儀に能年玲奈さんからの供花が届いたそうです。

そのとき、能年玲奈さんの隣に入っていた会社名が「株式会社 三毛&カリントウ」。
能年玲奈さんの所属事務所は「レプロエンタテインメント」ですので、疑問がうまれました。

登記簿によると、「株式会社 三毛&カリントウ」は、「生ゴミ先生」こと滝沢充子さんの旦那で漫画家の神崎将臣さんも所属する会社「株式会社インクアンク ザ・ミスフィッツ」と同住所。
能年玲奈さんが代表取締役になってる会社だったようです。

「生ゴミ先生」こと滝沢充子さんの旦那で漫画家の神崎将臣さんはツイッターをしており、過去のツイートには能年玲奈さんの後見人を自称していたそうです。

また、能年玲奈さんの所属事務所であるレプロエンタテインメントやNHKや共演女優の事務所罵倒していたという情報も。
能年玲奈さん主演の映画を企画してると言って出資金を募っていたようです。

レプロエンタテインメント社長が能年玲奈さんの独立を思わせるツイートを投稿。
「善人の仮面をかぶって恩人ぶって近付いて来て洗脳しようとする悪党がいつの世にも何処にでもいるなと。」という文章だったようです。

神崎将臣さんはツイッターに鍵をかけて都合の悪いツイッターを削除。

東スポが報道したところで、世に広まったようです。

生ゴミ先生の旦那・夫は神崎将臣。本名は米村正志という噂。

生ゴミ先生の旦那・夫は漫画家の神崎将臣さん。
本名は米村正志さんという噂があります。
しかし、ホームページに「株式会社インクアンク 代表取締役 米村正志  滝沢充子 中村倫子
神崎将臣」と記載してあったことから、同一人物ではない可能性が高いと思われます。

神崎将臣さんは1985年、少年ビッグコミック2号掲載の『HUNTER』でデビュー。
代表作に『KAZE』、『重機甲兵ゼノン』シリーズなどがあります。

カプコンの対戦格闘ゲームのコミカライズである『ストリートファイターII -RYU』は、『X-メン』や『スパイダーマン』といった人気漫画さえ10万部前後というアメリカ市場で100万部を売り上げた実力者だそうです。

神崎将臣さんのツイッターの自己紹介には、漫画家・企画・映像なんでもやりますとの言葉が。

現在は、能年玲奈さんの個人事務所「株式会社 三毛&カリントウ」と同じ所在地にある「株式会社インクアンク ザ・ミスフィッツ」という会社に所属しているようです。

「株式会社インクアンク ザ・ミスフィッツ」はプロダクション。

「株式会社インクアンク ザ・ミスフィッツ」は米村正志さんが代表取締役を務めるプロダクション。
所属しているのは、
劇団「the Misfits」の主催者で生ゴミ先生と呼ばれる滝沢充子さん。
滝沢充子さんの唯一無二の友であり、パートナーであり、一番弟子である中村倫子さん。
生ゴミ先生の旦那の神崎将臣さんです。

関連記事:生ゴミ先生は滝沢充子。洗脳が神レベルでヤバい。

今後の動向を見守りたいと思います。


One Response to “生ゴミ先生の旦那は神崎将臣。漫画家でインクアンク所属という噂がヤバすぎる。”

  1. […] 関連記事:生ゴミ先生の旦那は神崎将臣。漫画家でインクアンク所属という噂がヤバすぎる。 […]

コメントを残す

サブコンテンツ

プロフィール

SAMURAI PORTALを運営する中で、経済・観光・グルメ・エンタメ等の様々な情報をお届けできたらと思っています。

2017年10月
« 5月    
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031  

このページの先頭へ