ネパール地震とイルカの関連性がマジで怖い。


ネパール地震が2015年4月25日6時11分ごろ(日本時間15時11分ごろ)発生しました。
2015年4月10日茨城県鉾田市で150頭ものイルカが打ち上げられましたが、その関連性についてお伝えします。

ネパール地震の威力は凄まじい物がありました。
マグニチュードは7.8でしたので、あの阪神淡路大震災のマグニチュード7.3よりも威力のある地震でした。

また、震源地も地中奥深くではなく浅い地盤で発生したことでその影響力は甚大でした。

そんなネパール地震ですが、結論から申し上げるとイルカとの関連性がありそうです。

海中に住む生物が感じ取るセンサー

専門家によると、海中に住む生物には電気センサーがあり、その精度や感度は研究者が使用しているそれよりも遥かに上回っているようです。

地震が発生する時はプレートとプレートがぶつかり合い、そこに電流が流れることから、その電流を海中に住む生物が感じ取ることで、イルカの打ち上げなどの現象が起きるようなのです。

ただ、海中に住む生物と地震の発生のメカニズムは全てが正確に把握されたわけではないようです。

東日本大震災でも

2011年3月4日、茨城県鹿嶋市で50頭ものイルカが打ち上げられました。
その1週間後に東日本大震災が発生したことから、イルカの打ち上げと地震の関係が注目されました。

関連記事:東日本大震災前にイルカが打ち上げられていた。神レベルで怖い。

今回のネパール地震についても、場所こそは非常に離れていますが、日本では150頭ものイルカが茨城県鉾田市で打ち上げられていますし、決して無関係ではないのではないかとネットでは言われています。

ヤフー知恵袋などでも、ネパール地震とイルカの関係性について触れた質問などもあり、注目されているようです。

結論としては、科学的な立証はされていないものの、イルカの打ち上げとネパール地震は決して無関係とは言えないだろうということです。
最後まで読んで下さってありがとうございました。


One Response to “ネパール地震とイルカの関連性がマジで怖い。”

  1. […] 関連記事:ネパール地震とイルカの関連性がマジで怖い。 […]

コメントを残す

サブコンテンツ

プロフィール

SAMURAI PORTALを運営する中で、経済・観光・グルメ・エンタメ等の様々な情報をお届けできたらと思っています。

2017年5月
« 5月    
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031  

このページの先頭へ