嶽本野ばらの名言が秀逸過ぎてヤバい。性別は男性。


下妻物語の作者である嶽本野ばらさんの名言が話題になっているようです。その秀逸な言葉のセンスに引き込まれる方も多いようです。
また、性別は男性なのですが女性疑惑も出ていたようです。
嶽本野ばらさんの名言や性別について以下でご紹介します。

嶽本野ばらさんは作家です。代表作は冒頭申し上げた『下妻物語』です。映画にもなりました。
そんな嶽本野ばらさんの名言ですが、しみじみと思わせる数々の言葉があります。

恋愛に関する名言があります。大切な恋人や伴侶などがいらっしゃる方はしみじみするかもしれません。
次のような名言です。

好きな人と一晩を明かすことが、どれくらい特別な悦びを与えてくれるかを、知っています。

なるほどと思われる方もいらっしゃるかもしれませんね。

他にも、恋愛に関する名言が色々ありますが、作品の言葉を多く引用するのはこのブログ運営上あまり好ましくありませんので最後に1つご紹介する程度に留めさせていただきたいと思います。ご了承下さい。

嶽本野ばらさんの性別も話題に

嶽本野ばらさんは見た目がフェミニ
ンな雰囲気であることから性別が女性なのではと噂になっていたこともあったようです。

結論から申し上げると男性です。
ただ、假屋崎省吾さんやKABA.ちゃんのような雰囲気だとネットでは言われています。

芸術家肌の男性は感覚が女性的であったりする場合もあるようです。
あの哲学者であるソクラテスやレオナルド・ダ・ヴィンチは同性愛者だったようです。

嶽本野ばらさんも作家ですので、そのような一面もあるのでしょう。
色々とご苦労されることもあったかもしれませんが、以前と比較したら同性愛者の方に対する社会の見方は変化してきていますよね。

今の嶽本野ばらさんに突き刺さる名言も

嶽本野ばらさんは2007年ある事件で現行犯で逮捕されました。
その時の経験などを綴った小説『タイマ』では以下の様な名言があります。

薬物がいけない理由は「愛する人を傷つけてしまうから」

この名言、今の嶽本野ばらさんはどのように受け止められるのでしょうか。


コメントを残す

サブコンテンツ

プロフィール

SAMURAI PORTALを運営する中で、経済・観光・グルメ・エンタメ等の様々な情報をお届けできたらと思っています。

2017年7月
« 5月    
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31  

このページの先頭へ