萩原流行が躁鬱をきっかけに夫婦の絆を強くした猫の話がマジ泣ける。


萩原流行さんとその奥様である萩原まゆ美さんは、お互いがうつ病でした。
ただ、その病気をきっかけに夫婦の絆を強くされたそうです。以下で詳細をご説明します。

萩原流行さんは躁鬱病でした。

躁鬱病とは、気分の浮き沈みが非常に激しい症状のようです。一般的な人の感情の振れ幅が-1~+1くらいだとします。躁鬱病の方の感情の振れ幅幅は、タイその数十倍以上にも換算されるようなのです。

気分の浮き沈みが非常に激しいという状況はどのようなものなのでしょうか。説明されてある文章だけを読んでも本当の意味で理解するのは難しいかもしれません。

実は、萩原流行さんの奥様である萩原まゆみさんも心の病だったそうなのです。
そもそもは奥様である萩原まゆみさんの方が先にうつ病になられました。

仕事に忙しかった萩原流行さんですが、家庭では奥様がうつ病を発症してしまします。そして、奥様の変化を受け入れられずに家庭から逃げてしまった萩原流行さんもうつ病になってしまいました。

夫婦を救ったのは愛猫・小鉄

夫婦どちらともが心に病気をかかえるという状況を救ったのは、ペットである猫だったそうです。その愛猫の名前は小鉄。

萩原流行さんはうつ病の症状を隠してテレビ出演されていた時、「自分は猫に育てられた」「猫のおかげで自分がある」とおっしゃっていたそうです。
その意味が、萩原流行さんと萩原まゆ美さんの共著である『Wうつ ~うつが、ふたりを本当の夫婦にした。』を読んだら分かるようです。

人はそんなに強い生き物ではありませんよね。心が弱った時に本当に支え合えるのは家族だとしみじみ感じます。
だからこそ、人が困った時には助けなければいけないのだとも。

結局、萩原流行さん萩原まゆ美さん夫婦はうつ病をきっかけに夫婦の絆を強固なものにしたようです。
それは平坦な道のりではなかったようです。平坦なだけの人生なんてありませんよね。

関連記事:萩原流行の嫁・萩原まゆ美もうつ病だった話が壮絶すぎる。

関連記事:萩原流行は子供がいない。息子・娘を作らなかった理由がマジ泣ける。


One Response to “萩原流行が躁鬱をきっかけに夫婦の絆を強くした猫の話がマジ泣ける。”

  1. […] 関連記事:萩原流行が躁鬱をきっかけに夫婦の絆を強くした猫の話がマジ泣ける。 […]

コメントを残す

サブコンテンツ

プロフィール

SAMURAI PORTALを運営する中で、経済・観光・グルメ・エンタメ等の様々な情報をお届けできたらと思っています。

2017年7月
« 5月    
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31  

このページの先頭へ