ドローンの空撮カメラがヤバすぎる。活用方法は神レベル。


ドローン。つい最近テレビで特集される等話題になっていますよね。

そのドローンには空撮カメラが搭載されているものもあります。そのカメラの精度は非常に高いのです。
また、そのドローンの活用方法も重ねてご説明させていただきます。

ドローンとは無人飛行機のことです。攻撃や偵察する目的で使用される軍事用のドローンや、小型のラジコンのようなドローンもあります。
小型の物になればiPhoneと同じくらいの大きさのものもあるようです。非常に小さいラジコンですから、小さなお子さんなどのおもちゃとしても良いのかもしれませんね。

そのドローンですが、空撮カメラが搭載されているものもあり、そのカメラの精度が非常に高いものもあるようです。
なんと画素は1,400万画素。以前は200万画素のデジカメなどもあったくらいですから、これだけの画素なら非常に綺麗な写真も十分写せます。

ドローンはTV番組の空撮などにおいて、非常に費用を安く出来るメリットがあるようです。

だからこそ、困ったことも話題になっています。
ネットでは空撮するカメラで露天風呂が見えるのではないかという話題もあるようです。

そもそもドローンが人々を魅了している理由は、ソフトウェアなどの進化のスピードに追い付いていなかったハードウェアが次第に進化のスピードを上げてきた点にあるようです。

ドローンの活用方法とは

そしてその活用方法は実は様々なのです。
先ほどはTV現場での空撮の利用でコストダウンできるとご紹介しましたが、それ意外にも本当にたくさんあります。

災害救助においては、被害者がどこにいるのかを特定するのにドローンは役立ちます。
他にも、ジャングルの空撮など、今まで人間が撮影出来なかったような風景の撮影も出来るでしょう。

また、インターネット通販のamazonが配達用のドローン開発を発表をしているように、配達にも活用出来る可能性があるようです。


コメントを残す

サブコンテンツ

プロフィール

SAMURAI PORTALを運営する中で、経済・観光・グルメ・エンタメ等の様々な情報をお届けできたらと思っています。

2017年5月
« 5月    
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031  

このページの先頭へ