週休3日制導入後に学校が変化する激ヤバなポイント4つについて。


週休3日制導入後に学校が変化する激ヤバなポイント4つについて。


週休3日制が最近話題になっています。週休3日制が導入されたら学校は大きく4点変化します。

関連記事:完全週休3日制の激ヤバすぎるデメリット3点について。

その変化するポイントについて詳しくご紹介します。

週休3日制が導入されたアメリカの学校について

週休3日制がすでに導入された学校が海外にはあります。
その中でも、アメリカで既に導入された事例をご紹介します。

アメリカの学校では週休3日制になったことで、以下のような変化があったようです。

1.休みが短くなった(昼休み、夏休み等の長期休暇期間)
2.学業が捗るようになった
3.教育に対する経費が削減できた
4.生徒と教師のコミュニケーションが減った

確かにこのような変化が起こる可能性は十分想像できますよね。1つずつポイントを見ていきましょう。

学校の変化①休みが短くなった(昼休み、夏休み等の長期休暇期間)

週休3日制になれば休みが短くなることは想像できますよね。
基本的には授業の時間は変化しません。

ということは必然的に1日あたりの授業時間が増加することになります。

また、夏休みなどの長期休暇期間にも変化が見られるでしょう。

学校の変化②学業が捗るようになった

週休3日制となることで、生徒にとっては3日間ゆっくり身体を休めることが出来るため、勉強への集中力が高まったり、出席率が増加、テストの点数が上昇するなどの効果がアメリカではみられたようです。

日本においても、同様の変化が見られる可能性は十分あります。
日本の学生は部活動などで忙しくしている学生も多いので、週休3日制になれば休める時間が増えるでしょうから、学習する点において良い効果がみられそうです。

学校の変化③教育に対する経費が削減できた

学校を運営するためには先生のお給料以外にも水道光熱費などの経費がかかっています。
週休3日制になることで、このような経費の削減効果があるでしょう。

学校の変化④生徒と教師のコミュニケーションが減った

週休3日制となることで、生徒同士や生徒と教師のコミュニケーションが減ることが考えられます。
それは仕方のないことかもしれませんが、その分、家族とのコミュニケーションを取る時間が増加しますので、一概にコミュニケーション不足の問題を指摘は出来ないでしょう。

最後に

以上が、週休3日制を導入した場合に学校において起きる変化だと考えられます。


One Response to “週休3日制導入後に学校が変化する激ヤバなポイント4つについて。”

  1. […] 関連記事:週休3日制導入後に学校が変化する激ヤバなポイント4つについて。 […]

コメントを残す

サブコンテンツ

プロフィール

SAMURAI PORTALを運営する中で、経済・観光・グルメ・エンタメ等の様々な情報をお届けできたらと思っています。

2017年7月
« 5月    
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31  

このページの先頭へ