小栗旬が高校中退の真相や身長は?子供がダウン症説の理由とは?画像も


小栗旬 Next Stage

小栗旬が高校中退の真相や身長は?子供がダウン症説の理由とは?画像も

小栗旬さん、非常にカッコイイですよね。私以前から小栗旬さんに関する記事を投稿してきましたが、男気が半端じゃないんです!

関連記事小栗旬さんの隠れ家の目的は俳優育成?

そんな男気溢れて、よろしくはないのですが結婚してからもモテモテな理由もうなずける小栗旬さん。
 
実は高校時代の衝撃的な過去が明らかになりました!また、山田優さんとの間に授かった子供がダウン症という説もあるようですので、真相に迫ってみます!

小栗旬さんの中学校時代とは

小栗旬さんは中学生時代に卑劣なイジメを受けていたようです。
小栗旬さんが中学校に登校すると、自分の机がゴミだらけだったり、昼休みにトイレから戻ってくると机や椅子がまるごと全て無くなっていたこともあったのだとか・・・。

許せませんね、そんなことする奴ら。

私は、「人間は自分がやった行いが全て自分に跳ね返ってくる」と考えています。
もしかしたら、小栗旬さんをイジメた人もその報いを受けているかもしれないですね。

結局、小栗旬さんは登校拒否となり中学校の卒業式に出席しなかったようです。卒業式に出席しないってよっぽどですよね・・・。

小栗旬さんの高校中退の理由、モヒカン画像は?

中学校の卒業式には出席しなかったものの、小栗旬さんは高校へ進学します。
高校ではイジメられたりということはなかったようです。

結構ヤンチャな生活をされていて、髪型も結構すごかったようなんです!
その時の画像がコチラです。

小栗旬さんのモヒカン画像

かなりヤンチャだったことが伺えますが、小栗旬さんとしてはもしかしたら中学校時代にイジメられていたことから自己防衛のためにヤンチャをしていたのかもしれませんね。

もともとエキストラなどで芸能活動をされていた小栗旬さん。
1998年には、小栗旬さんが16歳前後にGTOで初めてのドラマレギュラー出演を果たしました。

丁度その時期は小栗旬さんが高校生の頃です。ドラマレギュラー出演をしたことで多忙となり、高校中退をすることになったようですね。
決してイジメが原因ではありません!

GTO出演時から身長が20cm以上伸びた!?

ちなみに、小栗旬さん、GTOに出演された時の身長は165cm前後だったことが分かります。
現在は184cmですので、当時と比較して20cm以上も伸びたことになります!
それが分かるGTO出演シーンをご紹介します。

著作権の関係もあるので、YouTubeで「GTO反町編「のぼる(小栗旬)」 」と検索されてみて下さいね。
涙なしには見られない、そんな内容が観れるかと思います。

また、GTO出演時の小栗旬さんはいじめられる役を演じているので、微妙にリアリティあります。

この動画ではGTO主演の反町隆史さんと身長差が10~15cm以上あることが分かります。

ちなみに、反町隆史さんは身長は181cmですので、おそらく小栗旬さんの身長は当時160~165cm前後だったと思われます。

子供がダウン症という説の根拠は?

小栗旬さんと山田優さんの間に誕生したお子さんですが、ダウン症ではないかという噂があります。

ちなみに、私には子供はいませんが、仮にダウン症の子供が生まれてきたとしたら、周りの目もあるでしょうから辛い思いをするかもしれまんので、あまりダウン症について取り上げることはしたくなかったのですが・・・、気を悪くする方がいらっしゃったら申し訳ございません。

その説の根拠は以下の画像です。

小栗旬さんと山田優さんの子供がダウン症という説の根拠画像

ダウン症のお子さん特有の手の細さやシワの入り方故に、そのような噂が広まったようです。

また、情報が少ないことから様々な憶測が広まったのだと思います。

小栗旬さんと山田優さんはお子さんに関する情報は、山田優さんの弟さん山田親太朗さんが「姪が可愛い」という情報を漏らしてしまったことから「女の子」ということは判明してしまったのですが、普通の子供として育って欲しいという思いから名前など一切分かりません。

普通の子供として育って欲しいという願いに私たちも協力しましょう!

最後に

小栗旬さん、最近出演されているCMは父親役が多い気がします。
これからさらに魅力的になるであろう小栗旬さん、応援しています!


コメントを残す

サブコンテンツ

プロフィール

SAMURAI PORTALを運営する中で、経済・観光・グルメ・エンタメ等の様々な情報をお届けできたらと思っています。

2017年9月
« 5月    
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930  

このページの先頭へ