櫻井翔さんの左目が腫れて大きいできもの(ものもらい)が出来た理由・画像は?


ARASHI 桜井翔 エピソードプラス -The Pinnacle- (RECO BOOKS)
嵐・櫻井翔さんの左目が腫れてできもの(ものもらい)が出来た理由は?

関連記事:嵐・櫻井翔さんが東京国際映画祭で英語スピーチ!発音は?動画は?

やはり、仕事への取り組み方が非常にストイックで、私も櫻井翔さんのように自分に厳しく生きていかなければならないなぁと考えさせられます。

さて、そんな櫻井翔さんですが、以前大きなものもらいが出来た事があられたようです。櫻井翔さんの性格とものもらいの関連について考えてみました。

ものもらいが出来る原因は?

そもそも、ものもらいが出来る原因についてお話します。

【以下、『ものもらい治療法』より引用:http://monomorai.phrontis.net/2006/12/post_9.html】

ものもらいはまぶたが赤く腫れ、痛みやかゆみを伴う目の病気ですが、ものもらいには2種類あります。
2つの目の病気を総称してものもらいと呼んでいます。
しかし、この2つの目の病気は原因、症状、治療法もそれぞれ異なります。

ひとつは麦粒腫(ばくりゅうしゅ)と呼ばれるものもらいです。
まぶたには脂や汗の分泌腺や毛穴がありますが、その小さな穴から細菌が入っておこる急性の化膿性炎症で、おもに黄色ブドウ球菌という細菌によっておこります。
黄色ブドウ球菌は、化膿性疾患の代表的な原因菌ですが、私たちの生活環境のさまざまなところに存在しています。化膿した傷やにきびばかりではなく、健康な人の喉や鼻の中、皮膚、手指、毛髪、腸管、動物の皮膚、ホコリなどなどにも高率に分布しています。顕微鏡で見ると、球形をした菌がブドウの房のように連なった形をしています。
一般的には、この麦粒腫と呼ばれる目の病気をものもらいということが多いようです。

もうひとつは霰粒腫(さんりゅうしゅ)と呼ばれるものもらいです。
霰粒腫は、まぶたのなかにできるやや硬いできものです。脂の成分を出す瞼板腺の(マイボーム腺がつまって、その周囲に慢性の炎症がおき、なかにかゆ状の分泌物がたまったものです。)
霰粒腫は麦粒腫と異なり、細菌感染を伴わない無菌性の炎症です。マイボーム腺はまつ毛の生え際近くに開口部がありますが、その開口部が炎症などで詰まることによって起こります。

ということのようです。
簡単にご説明すると、ものもらいにはタイプが2つありそれぞれ原因が異なります。

ものもらいの原因のうちの1つ目は細菌による炎症で、もう2つ目は無菌性ですが目の周りの毛穴のつまりによる炎症です。

櫻井翔さんのものもらい画像は?

櫻井翔さんのものもらい画像については以下です。

櫻井翔さんものもらい画像

こちらの画像は2015年1月26日に櫻井翔さんが『NEWS ZERO』に出演された時のシーンです。
非常に痛々しい様子で心配になりました・・・。

櫻井翔さんがものもらいになった原因は?

このようなものもらいの原因は冒頭に述べた理由のうちのどちらに該当するのでしょうか?
直接櫻井翔さんの目をみていませんし、私は眼科医ではないので分かりません。

関連記事嵐・櫻井翔がお見合い経験あり!?相手は誰?ブログでも話題に!

ただ、仮に細菌が原因で出来たものもらいであった場合は、過労によるストレスによって体の抵抗力が弱くなったために起こったものもらいかもしれませんね。

最後に

いずれにしても、櫻井翔さんのものもらいが早く治ることをお祈りしつつ、これからのご活躍も楽しみにしています!!!


One Response to “櫻井翔さんの左目が腫れて大きいできもの(ものもらい)が出来た理由・画像は?”

  1. […] 関連記事:櫻井翔さんの左目が腫れて大きいできもの(ものもらい)が出来た理由・画像は? […]

コメントを残す

サブコンテンツ

プロフィール

SAMURAI PORTALを運営する中で、経済・観光・グルメ・エンタメ等の様々な情報をお届けできたらと思っています。

2017年12月
« 5月    
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031

このページの先頭へ