スタップ(STAP)細胞、小保方氏・笹井氏は本当に「ある」と思っていたのか!?


スタップ細胞小保方氏笹井氏スタップ(STAP)細胞とは・・・
小保方氏・笹井氏は本当に「ある」と思っていたのか!?


スタップ細胞についての議論、本当にこの1年間かなり話題になりましたよね。
しかも、先日再三実験をした上で理研が発表した情報によると・・・

「スタップ細胞の存在は認められなかった」ということ。何故、このような事が起きてしまったのか考えてみました。

研究者を苦しめるもの

論文発表当初、小保方氏はスタップ細胞について「200回以上細胞の生成に成功した」という主旨のコメントをされていたようです。
でも、実際には「存在は認められなかった」のです。

このような状況が起きた原因は色々あると思います。

1つには「研究者は結果を求められるから」だと思います。

やはり、研究者という仕事は、実験をし、執筆した論文が認められなければ出世は無い世界のようです。
しかも、意外と狭い世界のようで、同じ研究をしているネットワークが日本全国で出来上がっていることから、教授同士の繋がりで、その研究員は転職をする(研究者の世界では「異動」と言うらしいです)そうです。

狭い世界だからこそ、良い評判・悪い評判が直ぐに広まるようです。
小保方氏は評判をあげるために論文の捏造をしたのかもしれません。

論文の検証は?

やはり、論文の検証をする機能が無かったことも、今回の問題が勃発した原因だったのでしょう。

「スタップ細胞が本当にあるか」という検証を論文をネイチャー誌に投稿する前の段階で食い止めることが出来れば、このような事態にはならなかったのではないでしょうか?

そのようなチェック機能が全く無かった原因は何だったのでしょうか?

笹井氏が小保方氏を溺愛していたことがアダに!?

やはり、小保方氏の上司であった笹井氏、かなり小保方氏を溺愛していたようです。
その溺愛により「笹井氏が小保方氏を盲信していた」という状況が生じ、チェック機能の役割を果たさなかったのではないかと思います。

笹井氏は日本の研究者の中でも逸脱した存在であったようです。

理研副センター長・笹井芳樹の天才っぷりがすごい!

ですので、理研としても「笹井氏が検証しているのだから大丈夫」という考えの下でネイチャー氏に小保方氏が論文を提出することを認めたのだと思われます。

おそらく笹井氏は「スタップ細胞はある」と思っていたはずです。小保方氏は「ないかもしれないけど・・・」と思っていたのではないでしょうか。実際にスタップ細胞は無かったわけですから。

スタップ細胞問題で思うこと

小保方氏だけが悪いという風潮が強いですよね。
今回、小保方氏が理研を自己都合退職されたとニュースがあったとき、ネットでは

「なんで懲戒解雇じゃないんだ」という声がきこえていました。

ですが、小保方氏の論文をチェックする機能が理研に無かった事や、マスコミが小保方氏を「リケジョ」「割烹着」などで持ち上げすぎたことで、逆に小保方氏の研究の信憑性が怪しくなった時には手のひらを返したような報道がされたことも「マスコミは調子の良い時は持ち上げて、悪くなったらとことん叩くんだな~」と感じました。

ですが、報道をする時点で「本当にスタップ細胞ってあるの?」と疑問に思ったマスコミ関係者の方もいらっしゃったのではないかと思います。

最後に

今回のスタップ細胞問題では「ただ単に小保方氏が全て悪い」というだけでは片付けてはいけないと思いました・・・。


2 Responses to “スタップ(STAP)細胞、小保方氏・笹井氏は本当に「ある」と思っていたのか!?”

  1. サクサク作るれると困るのでしょう より:

    「EScellは光らないがstapcellは光る」証拠を発表されたくないから笹井副所長は頃されたんじゃなかろうか?
    EScellも「盗まれたもの」とされているが盗まれた側は随分杜撰な管理なんだな。論文が発表されてもまだ盗難に気付かないとは。小保方さんはルパン三世のように鮮やかに誰にも見つからず盗んで凄い腕前だ。
    一番腹立つのは、ネット情報コレクター達だな。メディアは信用ならないものと認識していた筈なのにまんまとメディアに扇動され「小保方さん叩き」を一緒にした。正にメディアの狙い通り。正に愚民。おかしいとか思わない事に、やはり日本人愚民計画はほぼ成功しているんだと確信した。
    どれぐらいカットと編集されたか知らないけど、自腹で会見は開かないだろ、そんな状況で。小保方さんはYouTubeにアップした方が良かったね。

  2. サクサク作るれると困るのでしょう より:

    STAPcellは胎盤形成するがEScellは胎児のみ。小保方さんの実験では胎盤形成を確認出来ていた。(発光するDNA組み込み)

コメントを残す

サブコンテンツ

プロフィール

SAMURAI PORTALを運営する中で、経済・観光・グルメ・エンタメ等の様々な情報をお届けできたらと思っています。

2017年11月
« 5月    
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
27282930  

このページの先頭へ