冨田尚弥・元日本水泳選手がカメラ窃盗で冤罪弁明会見!過去手癖も?


競泳冨田冨田尚弥・元日本水泳選手がカメラ窃盗で冤罪弁明会見!
過去に手癖が悪いとも?会見内容は?
会見中涙も・・・
真相は??
無実の可能性は?


2014年11月6日、韓国で行われたアジア大会でカメラ窃盗をしたと言われていた冨田尚弥さん弁明会見を行いました。

この事件がきっかけで冨田尚弥選手は選手登録を解除され、所属していた会社も解雇となりましたが、仮に弁明が本当でありカメラ窃盗をしていないのだとしたら、大事だと思います!
(出典:)

速報ベースですが情報提供させていただければと思います。

ちなみに所属していた会社とは株式会社デサント(DESCENTE)です!
スポーツウェアの専門メーカーで総合商社伊藤忠商事の関連会社のようです。

※冨田尚弥さんの解雇に関する株式会社デサントの公表ページはこちらです → 「当社従業員の不祥事に対する最終社内処分について」

カメラ窃盗事件概要について

Wikipediaによると・・・

【以下、Wikipediaより引用:http://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%86%A8%E7%94%B0%E5%B0%9A%E5%BC%A5】

2014年アジア競技大会期間中の9月25日、出場のない同日他選手の応援で行った仁川文鶴競技場で、聯合ニュース記者の機材・キヤノン EOS-1D X(約800万ウォン相当、日本円で70万円程度)を、記者が離席中にレンズを取り外し、本体のみを盗んだ。
翌9月26日、50m平泳ぎに出場し予選敗退後、仁川南部警察署から事情聴取され犯行を認める。
動機について「見た瞬間、欲しくなった」と供述した。被害品は選手村の富田の部屋の鞄より見つかった。
これにより、日本選手団から追放される処分を受け、出国停止処分を受けた。

9月29日、仁川地方検察庁は富田を窃盗罪で罰金100万ウォン(約10万円)の略式手続処分とした。
理由について「アジア大会期間中、且つ、被害者が処罰を望んでいないこともあり、起訴猶予処分とする選択肢もあったが、被害品が高額であることに鑑み、韓国市民同等に処罰した」と説明している。
10月1日、ソウルの金浦空港から帰国の途に就いた。同空港で集まった報道陣を前に、「このたびは大変お騒がせして誠に申し訳ございませんでした」と頭を下げた。

前述の通り、所属先企業は解雇、日本水連からは1年半の選手登録停止処分となった。

とのことです。
冨田尚弥さん一旦犯行を認めてしまったんですよね。

本当にしたのでなければ認めなければよかったのに・・・。

これが影響して選手登録停止になり、所属会社も解雇されたんですからね・・・。

すぐに認めなかった代償が大きすぎますよね・・・。
私自宅警備員です。ですので、めったにありませんが、仮に電車に乗って痴漢冤罪のような状況になってしまったら、声を大にして訴えつづけ絶対に認めないようしないといけないと思いました。

弁明会見で冨田尚弥さんの受け答えについて

【以下、ヤフーニュースに記載されているスポニチアネックスより一部引用:http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20141106-00000091-spnannex-spo】

大会中の9月25日にプールサイドで練習を観ていた際に

「後ろから左手をつかまれ、バッグから手を離して振り払った時に変なものをいれられた」

と説明されていらっしゃったようです。

「怪しい男がカメラを自分のカバンに入れてきた・・・」

ように思われるともおっしゃっています。

その怪しい男ってどのような人なのでしょうか?
もしかして韓国人でしょうか?
防犯カメラに写っているのでしょうか?

冨田尚弥さんは

「濃い緑色のズボンをはいたアジア風の男。40歳前後」

とおっしゃっています。
このことが真実であるとしたら、おそらく韓国人なのかもしれませんね・・・。

韓国警察の事情聴取で容疑を認めた理由は・・・

「認めれば刑は軽くなるし、大ごとにはならない」

と言われたからと説明されたようです。

ネット上では「見苦しい」といった意見をされていらっしゃる方も多いようですが、私はわざわざ弁護士の方までたてて会見をされていらっしゃるのですから、真実である可能性の方が高いのではないかな?と思います。

私は人が良すぎますかね・・・。

ただ、もし冨田尚弥さんが主張されていらっしゃることが本当だとしたら、それこそおおごとだと思います・・・!

韓国警察は・・・

【以下、ニッカンスポーツより引用:http://www.nikkansports.com/sports/news/f-sp-tp0-20141106-1392661.html】

一方、韓国・仁川南部警察は捜査に自信を持つ。刑事課の組織犯罪捜査チーム長によると、防犯カメラには取った瞬間の映像が映っている。

冨田も「ぼくで間違いありません。すみませんでした」と認めたという。同警察では、その謝罪場面も映像に残しているだけに、ここにきての冤罪(えんざい)の訴えに戸惑いを隠せないでいる。

とのこと。韓国警察からしては青天の霹靂なのかもしれません。
防犯カメラに写っているのなら、それはどうしようもない確たる証拠になりますよね・・・。

たしかに、今更何故冤罪会見するのか?という疑問は残りますよね。

ただ、会見中冨田尚弥さんやその弁護士は「異国の地で日本へ帰国出来ないかもしれない不安」があったことから取り調べ中に正常な受け答えが出来なかったという主旨を述べられているようです。

過去に手癖が悪かったとも・・・?

冨田尚弥さんが豊川高校時代に「手癖が悪い」と噂されていたようです・・・。

ようは、お金をパクったりしたことがあるという風に言われていたようです。

ですのでネット上では今回の会見について「今更、嘘でしょ」などと言われているみたいです・・・。
しかし、実際に冨田尚弥さんが窃盗罪で捕まった事実はないようです!

ですので、あくまで噂なのではないでしょうか?

しかも、「手癖が悪い」という表現自体、「手の癖」ですのでもしかしたら水泳の手のフォームに悪い癖があった等、盗んだわけではなくただ単にフォームが悪いという意味で「手癖が悪い」と言われていたのではないかな・・・と思いました。

また、会見中に記者から「以前、ものを盗んだことはあるか?」という質問がありました。そのとき、冨田尚弥さんは「ありません」と答えられていました。

会見中に涙も

無実を主張されている冨田尚弥さんですが、会見中は感極まって涙する場面ありました。

代表選手登録を解除され、会社も解雇された冨田尚弥さん。

今回の会見をされるにあたって、非常に勇気が必要であったと思います。

勇気をもって会見されてのですから、私は本当だと信じたい!

また、弁護士の方によるとアリバイもあったようです・・・!

最後に

一回罪を犯したり、ミスを犯したりするような方にたいしてすぐにレッテルを貼る傾向が、我々日本人には強いのかもしれません。

世界中でもそうかもしれませんが。

でも、一回このような報道をされたとしても、その報道自体が真実であるかどうかしっかりと検証する必要ではないかと思います。

ただニュースで報道されていたから、警察がそのように判断したから、それだけで判断してはいけない出来事も多いのではないでしょうか・・・。


コメントを残す

サブコンテンツ

プロフィール

SAMURAI PORTALを運営する中で、経済・観光・グルメ・エンタメ等の様々な情報をお届けできたらと思っています。

2017年12月
« 5月    
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031

このページの先頭へ