11月3日西日本(福岡・大分・広島)の火球画像・動画は?地震の予兆?


火球2014年11月3日、西日本(福岡・大分・広島等)で火球が見えたと話題に!
画像・動画は?
もしかして大地震の予兆とも・・・?


つい昨日ですが、西日本で火球というものが見えたそうですね!

結構話題になっているようですが、なんと大地震の予兆とも言われているようです・・・。

非常に怖いですよね。画像や動画等も紹介させていただきます!!!

火球とは・・・

そもそも、火球とはどのようなものなのでしょうか?

【以下、Wikipediaの「火球」を参照:http://ja.wikipedia.org/wiki/%E7%81%AB%E7%90%83】

火球(かきゅう、fireball)とは、一般に-3〜-4等級よりも明るい流星の事である。火玉(ひだま)とも言われる。大気中で蒸発したものも、隕石となって地表に落下したものも、一定以上の明るさで光れば、どちらも火球と呼ばれる。なお昔は、隕石となった火球を、隕星と呼ぶ事もあったが、最近はあまり使われない。

ということのようです。

簡単に言うと、火球とは「明るい流れ星」のことのようですね。どのような光り方をするのか気になりますよね~!

火球の画像、動画は・・・

どのようなものなのか非常に気にあるので、早速ですが画像と動画をアップさせていただきます!

こちらの画像ですが、非常に大きな光ですよね・・・。
どことなくUFOのような形に見えます!

(出典:)

もしかしたら火球ってUFOなんじゃないか?とも思えますよね・・・!

火球の動画はこちら → 「大火球(2014年11月03日17時50分すぎ)」

また、こちらの動画ですが、非常に明るいですよね・・・!
あと、光の速度が微妙にゆっくりな気がします・・・。
観測された時刻が18時前だったようですが、これが仮に真夜中だったら辺り一面が明るくなりそうなぐらいの明るさですよね。

非常に幻想的だったのではないかと思いますが、もし山奥で1人でみていたら・・・ちょっと怖いかもしれませんね。

UFOは存在しないのかも・・・

なんとなく思ったのですが、もしかしたらこの世の中にUFOって無いのかもしれないなと思いました。

もし、UFOがいると信じている方がいらっしゃったら申し訳ございません。

ただ、火球が見えてこれだけの騒ぎになったのですから、仮にUFOが現れたら、YouTubeやツイッターで情報が拡散しているのではないでしょうか。

その情報が拡散していない時点で、UFOがいないという確率が高まったように思います。火球の情報はすぐに拡散しましたし・・・。
夢の無い話かもしれませんが。

目撃場所は・・・

目撃されたという情報は福岡、大分、宮崎、長崎、広島、兵庫、などかなり広範囲な場所で確認されたようです!!!

私もその場所にもしいたら一目でもいいので観たかったです・・・!

どのくらいの間、観測できたのか・・・

正確な時刻としては17時53分頃だったようです。

そして、観測時間はたったの4秒だったようです。

普通の流れ星と比較して長いですよね!
やはり、明るさがある分観測時間が長くなるのでしょうか?

火球と地震の相関関係は?

火球と地震の相関関係について非常に気になるHPがありましたので、引用させていただきます。

【以下、大地震の前兆現象から引用:http://www.af08.com/jisin-saigai/002.ijyou-gensyou.html】

前兆現象に関する情報の主な証言

■自然現象

① 空の発光現象がみられた-神戸市
・東の空が一面不気味な紅色に明るく光っていた。
・真っ暗な空に青色の光がピカッと走るように光った。

発光現象は電光、火柱、火球の3種が多くある。全国に証言があります。

②月が異常な色をしていた-堺市

③海水が濁った-明石市

④井戸水が濁った-淡路島

⑤海鳴りのような音が地下から聞こえた-淡路島

⑥温泉の温度が上昇した-西宮市

⑦埋め立て地の池が泡立った-大阪市

■生物にみられた異常現象

①地震直前から猫が震えていた-神戸市

②飼い犬がはげしくほえた-東大阪市

③コウモリの群れが飛び交った-京都市

④冬眠中のヘビがはい出してきた-川西市

⑤マダイが突然豊漁になった-淡路島

⑥エビや小魚が死んでいた-淡路島

⑦倉庫のネズミが逃げた-淡路島

⑧ハトが壁などに衝突した-寝屋川市

⑨冬眠中のクワガタが出てきた-明石市

⑩金魚が水槽の砂に潜っていた-神戸市

とのこと。

特に、引用部分の最初付近の部分である「空の発光現象」の「電光・火柱・火球」という箇所が気になりますよね・・・。

2chなどでは「大地震の予兆ではないか・・・?」と噂されているようです・・・。
非常に怖いですよね。

大地震の可能性は?

日本経済新聞が2014年5月27日にリリースされた「東京で大地震がくる可能性はどのくらい?」という記事がありましたので引用させていただきます。

ちなみに、日本経済新聞の記事では「イチ子」と「からすけ」という2人の登場人物による会話形式で地震の可能性について言及しているようです。今の新聞って色々な趣向で書かれているんですね!

【以下、日本経済新聞より引用:http://www.nikkei.com/article/DGXDZO71664960T20C14A5W07001/】

■M7級、確率30年で70%

イチ子 日本は国土の狭(せま)い島国だけど、世界中の地震の約1割が集中しているの。地面の下の「プレート」という大きくて固い岩石の層があるんだけど、東京はちょうど4つのプレートがぶつかる複雑な境界の上にあるのよ。

からすけ プレートは少しずつ移動してるって学校で習ったよ。

イチ子 そうなの。東京が載(の)っている「北アメリカプレート」の下に「フィリピン海プレート」がもぐりこんでいる境界は「相模(さがみ)トラフ」(キーワード)といって、大きな力がかかっているの。数百年に1回のとても大きな地震はこの近くで起きているわ。

からすけ そういう大きな地震はいつくるの?

イチ子 いまの科学技術では、いつ、どこで、どのくらいの大きさの地震があるか、その地震がくる前にあらかじめ知っておく「地震予知」はとても難しいのよ。その代わり、今後30年間、50年間といった長い期間のうちに大きな地震が起こる確率を計算する研究は進んでいて、政府が詳(くわ)しく確率を発表しているわ。

■発生周期 地形などから研究

からすけ 東京で起こる確率はどうなの?

イチ子 地震のエネルギーの大きさは「マグニチュード(M)」(キーワード)という単位で表すんだけど、M7くらいの地震がくる確率は今後30年間で70%、もっと大きいM8くらいの地震に限ると0~5%。M8というのは、10万人を超(こ)える人が犠牲(ぎせい)になった1923年の関東大震災くらいの大きな地震で、1703年の元禄(げんろく)関東地震もそうよ。

からすけ 1703年って江戸(えど)時代でしょ。そんなに昔の地震の大きさをどうやって調べているの?

イチ子 大きな地震があると、そのエネルギーで地形が変わる場所があるのよ。千葉県の房総(ぼうそう)半島にはM8級の地震がくるたびに陸地がもり上がってできた「海岸段丘(だんきゅう)」があって、研究者が階段のような地形と地層の年代を照らし合わせれば、関東大震災や元禄関東地震の跡(あと)が確認できるそうよ。昔の出来事が書かれた瓦版(かわらばん)などの古文書も貴重な手掛(てが)かりになるわ。

からすけ M8級の地震の確率は今後30年で0~5%でしょ。そんなに心配しなくてもいいのかな?

イチ子 確かに数百年ごとに繰り返すM8級の地震が起こる確率はまだ低いわ。1703年の元禄関東地震から1923年の関東大震災までの間隔(かんかく)は220年だった。元禄関東地震の前はもっと長い410年の間隔があったからね。でも、絶対に油断してはいけないの。一回り小さいM7の地震でも最大で2万3000人もの死者が出るという試算があるわ。

からすけ そんなに!

イチ子 東京は人口が多いし、古い木造住宅が密集して残っている地域もある。強い揺れで壊(こわ)れた建物の下敷(したじ)きになったり、火事に巻(ま)き込まれたりしてたくさんの人が亡くなる恐れがあるのよ。1855年の安政(あんせい)江戸地震はM7級だったけれど、7000人以上の死者が出たという記録が残っているの。

からすけ どうすれば被害を少なくできるの?

イチ子 まず建物を地震に強くすることね。1981年以降に新しく建てられた家やビルなどは法律で地震に強い設計になっているけど、その前からある建物は地震の揺(ゆ)れで倒(たお)れないよう補強する工事をしないと。工事にかかるお金の一部を補助している自治体もある。そのほか、地震の揺れを感じて自動的に電気を止める「感震ブレーカー」という装置を付ければ、火事が減らせるわ。

からすけ 僕たちにもできることは?

イチ子 大きな地震にあったら、あわてず落ちついて行動すること。ブロック塀(べい)や自動販売機(はんばいき)が倒れてきたり、ビルの窓ガラスが落ちてきたりするから、通学路で危ない場所はあらかじめチェックしておくといいわ。しばらくは水道やガス、電気が使えなくなるかもしれない。からすけは知らないかもしれないけど、うちでは家族の3日分くらいの飲料水や食料、簡易ガスコンロ、携帯(けいたい)ラジオなどをすぐに持ち出せるように準備してあるわよ。

結構長い引用をしてしまい、申し訳ございません。

ただ、非常に大切な情報が記載されていました。
日本経済新聞は有料電子版もあるようですが、この情報は無料で閲覧することが出来ました。

全国民に無料で閲覧してもらった方が良いと判断されたからではないでしょうか?
この30年以内に70%の確率で大地震が起きる可能性があり、また、最大で2万3,000人もの死者が出る可能性があるなんて・・・非常に気をつけなければいけませんよね・・・。

東日本大震災のような悲劇が起きなければ良いのですが・・・。
阪神大震災の時は火災が起きたようですので、おそらく東京で大地震が起きてしまった場合は火災が起きることが予想されます。
防災グッズ等をご家庭に常備されたほうが良いかもしれません。

最後に

火球がみられたら大地震の前兆だという話があるようですが、必ず起きるというわけではないようです。

当たり前すぎることかもしれませんが、いつ大地震が来ても良いように備えていくことが大切だと思います。

直近では、阪神大震災、東日本大震災の時のような悲劇を二度と起こさないためにも、企業による防火訓練や家庭での対策等で万全の準備をしておきたいものです。


コメントを残す

サブコンテンツ

プロフィール

SAMURAI PORTALを運営する中で、経済・観光・グルメ・エンタメ等の様々な情報をお届けできたらと思っています。

2017年12月
« 5月    
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031

このページの先頭へ