エボラ出血熱、日本人で初の感染者がインドで発見?治療薬対策は?


エボラ出血熱日本初感染者エボラ出血熱、日本人で初の感染者がインドで発見?治療薬対策は?

日本人で初めてエボラ出血熱感染の疑いがある方が出てきたようです・・・。

いや~、私のブログでも数回エボラ出血熱に関する記事を投稿してきましたが、今までは韓国やアメリカでのエボラ出血熱の発見に関する記事でした。

※ エボラ出血熱が韓国で発見!感染者によりパニック?日本でも?治療薬は?

エボラ出血熱大流行!オバマ大統領が協力訴え・・・。日本にも自衛隊出動要請 
  か?

エボラ出血熱患者がアメリカ(米国)でも発見!日本のエボラ出血熱対策は?

ただ、日本人感染者が全く出てこないことについて正直不思議な気持ちであり、もしかしたら情報規制が敷かれているのではないか?とさえ思いました。

どこで発見されたのか?

2513242b-s発見された場所はどうやら日本人渡航先のインドのようです。

もともと、インドの現地メディアによる報道で日本人が感染者しているかもしれないという情報が発信されました。

その日本人は、マレーシア→シンガポール→タイ→ミャンマー→インドというルートで旅行中だったようです。

インドで高熱が出たことから、インドの病院に入院しエボラ出血熱感染の疑いが出てきたようです・・・。

本当、旅行中にエボラ出血熱に感染するとは心にも思っていなかったでしょうから、その方もかなり心配しているのではないでしょうか・・・。

東南アジアではエボラ出血熱は発見されているのか?

ebola_flights(出典:http://jp.reuters.com/news/globalcoverage/ebola)

その日本人は主に東南アジアを経由してインドへと入国したようです。

つまり、仮にエボラ出血熱に感染していたのだとしたら、東南アジアで感染したことになるかと思います。

いや~、そもそも東南アジアでのエボラ出血熱感染者情報はあったのか非常に気になります。

2014年8月9日時点で、西アフリカからタイへの旅行者数名がエボラ出血熱の疑いがあるとして監視されていたそうです。

また、2014年8月20日時点で、西アフリカからバンコク経由でミャンマーに入国したミャンマー人男性がエボラ出血熱の疑いがあると発表されていたようです。

タイに関しては、WHO(世界保健機関)がエボラ出血熱の感染者がいる恐れがあると分類しているようです・・・。

タイと言えば、バンコクにある空港は世界的なハブ空港ですので、かなり旅行者が行き交う場所です。

しかも、日本人もよくタイへ旅行するでしょうから、非常に心配です・・・。

エボラ出血熱感染疑いのある日本人はどんな人・・・?

名前はカワクボさんという方のようです。

ご年齢は27歳、性別は女性です。

1人で旅行されていたのでしょうか?

女性が1人で海外旅行をするのであれば、色々と危険が伴うのかな?と思いました。

仮に複数名で旅行へ行っていたとしたら、同行されていた方が感染している可能性もありますよね・・・。

西アフリカへの渡航歴は・・・?

その日本人女性カワクボさんですが、どうやら西アフリカへの渡航歴はないようです。

ということは・・・・・

ますます東南アジアでもエボラ出血熱流行の疑いた高まるかもしれません・・・。

東南アジアへの旅行が趣味の私にとっては、かなりの痛手です・・・。

現在は・・・

現在、カワクボさんはインド現地の病院で隔離されているようです。そして、病院関係者の方によるとエボラ出血熱の症状は無いとのことです。

少し安心しますよね!

検査の結果がエボラウイルス陰性であれば隔離は解除されるとのことです。

本当に、エボラ出血熱陰性であることをお祈りしています。

最後に

西アフリカに端を発して世界で大流行しているエボラ出血熱ですが、以前、記事でも紹介しましたが、日本企業である富士フィルムのグループ会社がエボラ出血熱に効果のあるインフルエンザ薬を開発しているそうで、一部ではエボラ出血熱患者が回復したという事例もあるようです!

エボラ出血熱の広がりは非常に恐ろしいですが、エボラ出血熱と戦う日本企業もあり、これから治療も進む思いますので、期待していきたいところです。


コメントを残す

サブコンテンツ

プロフィール

SAMURAI PORTALを運営する中で、経済・観光・グルメ・エンタメ等の様々な情報をお届けできたらと思っています。

2017年8月
« 5月    
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031  

このページの先頭へ