林修さんブログで模試をめぐり東進との衝突を告白!辞職?産婦人科医嫁から激怒?


1林修さんブログで模試をめぐり東進との衝突を告白!

辞職?産婦人科医嫁から激怒?

林修先生、最近本当にテレビでよくみかけますよね~!

どのような話であっても分かりやすくて面白いですし、さすが、大手予備校で超人気講師なだけありますよね~!

さて、そんな林修先生ですが、東進ハイスクールと何かトラブルが起きているようです。

林修先生のブログによると・・・

9月21日のブログに寄せられた「東進の東大本番レベル模試を僕が作成したか」との問い合わせに答えた林修先生。

「今回は(より正確には今回以降は)、僕は一切作成に関わることはありません」とおっしゃっていたそうです!!

また、

「今年の第1回東大本番レベル模試の現代文の問題は僕が責任をもって作成いたしました。そして、その後もすべて作成するつもりでおりました」

が、

「それが不可能な事態に陥りました」と告白。

東進ハイスクールと衝突した理由は・・・?

logoArea(出典:http://www.toshin-kashiwa.com/)
「東進の模試作成を担当する部署の職員たちと、模試に対する考え方の乖離があまりにも大きく、一緒にやっていくのは不可能と判断しました」

また、

「東進の模試は、東進という組織が実施しているものです。僕個人の考えを押し通すことはできません」

とのことのようです。

たしかに、東進ハイスクールという組織があって初めて、講師は活躍する場があるわけで、予備校の意向に従うのが予備校講師ですよね。

そうやって組織を優先される林修先生ですが(当たり前ですが・・・)、予備校講師前にサラリーマン経験があるのかな?と思い調べてみました。

林修先生は元・銀行員

林修先生、大学は東京大学法学部を卒業されていらっしゃったんですね!!!今まで知りませんでした(情弱ですいません)。

そして、東大卒業後は日本長期信用銀行に入行されます。

私事で恐縮ですが、元・銀行員の私としても、歴然としたレベルの差がありますが林修先生に親近感を感じてしましました。

わずか半年で銀行退職

林修先生が面白いのは、「超エリートなキャリア」にも関わらず、わずか半年で銀行を退職された点です。

林修先生が入行した時期は1989年でバブル絶頂の時代です。日経平均株価が4万円に届きそう(現在では16,000円前後)なくらい、日本の景気が良かった時期です。

当時の日本長期信用銀行の新卒給与は30万円を超えていたそうです。給与水準が高かったからか、社員全員が浮足立っていたのだとか。

林修先生はその銀行の雰囲気を冷静に観察していたそうです。

入行してわずか一週間で「この銀行はつぶれる」と思ったそうです。

そして、半年で退職されたのだとか・・・。(辞めるタイミングは「今」じゃなかったんですね)

実際、林修先生が入行して9年後の1998年に日本長期信用銀行はつぶれてしまったそうです。

林修先生は先見の明がありますよね・・・!!!!高校時代から麻雀などのギャンブルにハマっていたそうで、勘が研ぎ澄まされていたからでしょうか?

林修先生の組織に対する考え方って・・・?

林修先生は最初に社会人として仕事をされた日本長期信用銀行という銀行で勤務された経験があり、組織に対する考え方・付き合い方を学ばれたのではないでしょうか?

日本企業なら(もしかしたら外国企業でも)当然かもしれませんが、銀行という組織では上司が言うことは絶対です。(元・銀行員としての私の経験談ですが・・・)

銀行業務の中でも営業担当者はノルマが大変ですが、ノルマ以上に上司との円滑な人間関係構築が大切です。理由は、どれだけ良い営業成績を残せたとしても、上司から嫌われていたら悪い勤務評価になるからです。

昨年大ヒットしたドラマ「半沢直樹」でも、理不尽な銀行組織という世界を垣間見た視聴者の方がいらっしゃったと思います。

もしかしたら、林修先生も半沢直樹のような世界にわずか半年身を置いて、「組織」というものに対する付き合い方を学ばれたのだと思います。

それが影響して、東進ハイスクールとの模試で意見が食い違ったことから、潔く模試作成から身を引かれたのではないでしょうか?

林修先生が今回の騒動で嫁から激怒された・・・?

林修先生、テレビで非常に立派な説明をされていらっしゃいますが、ご自宅では恐妻家だそうです(笑)。

以前、「笑っていいとも」のテレフォンショッキングに出演された際、奥様から「余計なことは話さないよう」釘をさされたそうです。

しかも、奥様は産婦人科医だそうですので、かなり賢い方のようです。

林修先生曰く今まで出会った女性の中で一番賢い女性を選んだ」そうで、ご自宅では「お前調子に乗るなよ!」などの罵声を浴びせられることもあるのだとか・・・。

結構、肩身の狭い夫婦生活をされていらっしゃるんですね・・・。

もしかしたら、今回東進ハイスクールと騒動した件に関して、ご自宅で叱られているのかもしれません!!

東進ハイスクールは辞職するのか・・・?

林修先生のコメントによると東進ハイスクールをやめることはないようです。
林修先生の現代文講義を楽しみにしている受験生が沢山いらっしゃると思いますので、今後も引き続き講師業を続けられるようで安心しました!

最後に

これからも、林修先生の出演されるテレビ番組楽しみにしています!漫画の名シーン等など、めちゃくちゃ楽しみにしています!!


コメントを残す

サブコンテンツ

プロフィール

SAMURAI PORTALを運営する中で、経済・観光・グルメ・エンタメ等の様々な情報をお届けできたらと思っています。

2017年10月
« 5月    
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031  

このページの先頭へ